FC2ブログ
読書の秋・実践中~2
めっきり寒くなってきました。
  「秋」と呼べるうちに、
    もう少し読書もがんばろうと・・・。

   今、お気に入りのブックカバーに
       くるまれてるのは、この本。

     DSCN2256_convert_20101020213854.jpg
   ポプラ文庫の「少年探偵団シリーズ」のうちの一冊。

 小学生の頃は、
    学校の図書室にズラ~リと並んでいたのだけれど、
      なぜか、ちょっと薄暗くて、怖かったな・・・。

 町の図書館で、今でも、
    ホームズシリーズ・ルパンシリーズと共に並べられている。

   男の子の親となって、(今まで縁のなかった分野のため、)
     シリーズ読破、ほぼ初挑戦・・・。
     (いや、まてよ、・・・「透明怪人」の挿絵は見た事あるような・・・!?)



塔上の奇術師―少年探偵 (ポプラ文庫)塔上の奇術師―少年探偵 (ポプラ文庫)
(2009/09/05)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る

  とにかく、驚いた
   舞台となる東京は、やっぱり、別物だ。 別次元に放り込まれたみたいだ。
    (登場する少女たちが、懐かしい匂いを醸し出して、なんだかいいな。)


  さて、今回、(ワタシにとって、)
    この本 「塔上の奇術師」で最大の驚きは、

     自ら脅迫電話をかける、二十面相 改め 四十面相のセリフ

      「ぼくはね、 カイジンジュウメンソウ です。」

         えっ! シジュウメンソウ

              ヨンジュウメンソウではないのか~

    シリーズを読み進めてきたが、
         はじめて、読み間違えていることに気付いたのだったー。
  
    ・・・このことは、
        角を生やしサングラスに牙の姿で、
        黒電話の受話器を握る四十面相の挿絵(!) よりも、
           ワタシにとって、はるかに衝撃であったー。

スポンサーサイト



[2010/10/27 19:13 ] | | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ススキ、すき!? | ホーム | 満月>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://junporing.blog106.fc2.com/tb.php/107-dee28ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |