FC2ブログ
寒いですね・・・・・
お元気ですか~?

寒いと、体調崩し続けてたりしますよね・・・。

常に、風邪気味だったりして・・・

「予防注射」したにもかかわらず、
インフルエンザ にかかってしまったり~
  それでも、
  高熱で寝込んでるにもかかわらず、
  まさか、インフルエンザ(!)とは疑いもせず、
  ゼッタイアリエナイ~などと思い込んで
  病院に受診するまで3日も経ってしまっていたり・・・・・

結局、本人のみならず、
周囲にも心配と迷惑をかけることになるので、

「予防注射」したからといって
  油断です

皆様、
乾燥 を防いで、
出かけるときは マスク を忘れずに
もうしばらく、用心なさってくださいマセ


自戒をこめて・・・・・・

スポンサーサイト



[2012/01/31 16:19 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
ちっちゃ~い!
パパさんが、

おにぎりせんべい を買ってきてくれた。


じゃじゃ~ん 
 DSCN4777_convert_20120121111524.jpg
    
    あっ

    子供が ある~

    ちっちゃ~い

    かわいい~

(袋は小さいけど、
  中身の大きさは通常サイズ
    というのはよく見かけますが~)

DSCN4779_convert_20120121110923.jpg
  
  これは、しっかり中身も
    「ミニおにぎりせんべい

小さくても、 <おいしさ> は変わらず
表面の 「海苔」 まで・・・リアルです~



[2012/01/21 11:24 ] | 食べ物 | コメント(2) | トラックバック(0)
今年の、初製作~
「パーテーション」 が欲しい~~、
  と、急に思い立ち、

探しに出かけたのだけど・・・・・ない。


家具屋さんでは、
「10年前なら、たくさんあったんですが・・・」

と。

ホームセンターでは、
「夏なら、籐製のがあったんですが・・・」

と。

   ・・・・・しょうがない。


ホームセンターをウロウロしていて、閃いた~


ならば! 作ればいいではないかー



  ・・・・・と、いうわけで、

気になる材料を、購入して~~、

  出来た-

  DSCN4823パーテーション3_convert_20120111171123
    「2連」 のを、3個作った。


    ~わっはっはっはっ~
          (笑いが止まらん~


では、 <製作手順> を報告します。


<材料> は、

 「PPプレート 90㎝x180㎝x4㎜ 色:ナチュラル」  
     と、
 「ホワイトカブセ5.5 182㎝」 

      (・・・なんだかよくわからない 材料 だ・・・

     
 「結束バンド」 を 数個。




<道具> は、 工作用ハサミ と、荷造り用テープ



<作り方>

1. 板(PPプレート)をハサミで切る。
2. 強度を高めるため、
      切った側に、枠(ホワイトカブセ 5.5) をはめる。
3. 外れないよう、テープでとめる。

  ここまでの製作時間、6分

  DSCN4825_convert_20120111165047.jpg
     これを、必要枚数 製作 し、

4. 穴をあけて、結束バンド で、数カ所 縛る。
     (今回は、3箇所 取り付けた)


   おわり。


<感想>

半透明のものを使用したので、光も入るし~
隙間から入り込む風を遮ってくれる


なにより、低予算・短時間で簡単製作・軽い(ひょいっ と 移動)

さらに、分解も簡単にできるので、
「3連」、「4連」への組み替えも可能、
片付けも、楽~




ただ、 強度 と バランス に難点あり・・・・・・だけど、
とりあえず、寒さ避けには、成功。

  もしも、うっかり倒したりして、
  万が一、下敷きになったとしても、
  軽~い から、 大丈夫、大丈夫!
  ゛えいやっー゛ と、怪獣を倒すつもりで跳ね返せばいい


※ 注意点・・・くれぐれも、
      ストーブの近くには、
      セッティングしないこと、デスネ!

[2012/01/11 17:38 ] | 手作り | コメント(2) | トラックバック(0)
明けましておめでとうございます
本年も
どうぞよろしくおねがいします。


さて、
今年は、辰年
  
 <> に対するイメージを思い浮かべてみたら、
        長い ・ 恐ろしい ・ 火を吹く(?)・・・・・・


そこで、

 の登場するを・・・。

タイトルもズバリ!

竜のはなし

   作者は、 宮沢賢治


この本に登場する <竜> も、
   やはり、恐れられる存在。

内容は、
短くて、ストレート。
けれど、ずっしりと重い。 

読み進めながら、痛みを感じる。
厳しい。 
辛い・・・。


  息子は、
  ・・・コワイ・・・ と。


けれど、
  <竜> に、 作者が、重なって 見えた。

   「雨ニモ負ケズ」 の詩が、
      竜の形を構成しながら、
     グルグルと頭の中を駆け回る・・・・・・
  
    ・・・あ、そういうことなの・・・・・と、

  宮沢賢治の <想いの一端> を
    感じることができるような、絵本。
      (あくまで、個人的感想です・・・)


竜のはなし竜のはなし
(1983/12)
宮沢 賢治

商品詳細を見る


ふと、
  「よだかの星」 が、思い浮かんだ・・・。
  
    <> と <よだか> ・・・・・似てる・・・気がする。
         ~どちらも、作者の 分身 のよう~





 
[2012/01/04 15:17 ] | | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |