FC2ブログ
影の縫製機~足踏みミシン~
ミシンの得意な人は、尊敬します。

なぜかって、
  ワタシ、近頃のミシンは使いこなせません・・・。

   「電動~」が、どうもニガテです。
     上糸と下糸の調節が、なぜかうまくいきません。
     スピード調節もうまくいかなくて、
       かつて、危うく指まで縫いあわせてしまいそうになって・・・。

そんなこんなで、
  もう、そうとうの年月、電動ミシンには触れていません。

  でも、実家にあった足踏み式のミシンは、
      実のところ、得意だった(と思っていた)のですよ。

   ところが、その「足踏み式」を「電動式」に作り替えたのが
       そもそもの失敗で・・・
     (といっても、実家のハハは使いこなせている様子。)
      足踏み式ミシンが得意と思っていたのは、錯覚だったようで・・・

   だから、いつも手縫いです。
      雑巾も、コップ袋も、手提げ袋も、防災頭巾カバーも・・・
         きっと数倍も時間がかかっているような気がします。

  今日、パパさんの携帯ケースを縫いました。
    布は、松阪木綿で。
     もちろん、手縫いです。
        (小さい袋なのに、
           案の定、すご~く時間がかかってしまった・・・。
   
     電動ミシンの得意な人に、憧れます。  
        きっと、丈夫できれいな作品が、
          何倍も早くできあがるんだろうな・・・って思います。
 


  よく行く商店街には、ミシン店が2軒(も)あります。
      最近、さらにもう一軒、信号待ちをしている時に、見つけました。
        ショーウインドーに、
          レトロなミシンがズラリと並べられていて、壮観です。


影の縫製機影の縫製機
(2006/12/11)
ミヒャエル・エンデ

商品詳細を見る

   名古屋の大きな本屋さんでおもわず購入しました。
      「縫製機」という言葉の響きと、  
        夜の砂丘のうえの、
          一台の足踏み式ミシンの挿絵に惹かれて・・・。





スポンサーサイト



[2010/08/25 00:07 ] | | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |