FC2ブログ
3びきのこぶた
安野光雅さんの絵がすきで、
  「あら、かわいい」と思ったら、
   よく知っている「さんびきのこぶた」とはまるで違う本でした。

     とにかく「こぶた」がたくさん登場します。
       でもこの「こぶた」たち、
          自分で何かをするというわけではないんです。
      そして、最後はホッとして・・・。
         登場する動物たちへのまなざしが優しい本です。

実はこれ、 数学者の森毅さん著書の数学の本
   数学の「確率」が、
     こんなにもかわいくてワクワクする絵本になってしまうなんて・・・。  
       (ページをめくるたびに、どんどんすごいことになってゆくのです。)
    
        きっと、読み手の年齢によって、
          受け止め方がまるで違うものになると思います。
            読むたびに、発見があるのです。

3びきのこぶた (美しい数学 (6))3びきのこぶた (美しい数学 (6))
(1985/01)
森 毅

商品詳細を見る

    *銀座で、
      安野光雅さんの「すうがく絵本展」が開催されているとのこと。
      いいなあ。原画の展示、見に行きたいなあ・・・。

 
 ・・・と、ここまで書いていたところ、
 
 今朝の新聞で、森毅さんがお亡くなりになったと、知りました。
     素敵な本をありがとうございました。
       ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト



[2010/07/26 10:18 ] | | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |