FC2ブログ
水戸黄門
今シリーズの「水戸黄門」を、家族で観ています。

きっかけは、去年たまたま観た夕方の再放送。
初代の、東野・黄門さまに「お懐かしや~」、
ところが、助さんが「里見さん」でなくて、
「誰?」「里見さんは初代じゃないの!?」
これは、旦那さんにも知らせねば・・・。

それ以来、夕方の再放送を録画しては、家族で観るようになって、
息子たちも含め、家族みんなで毎回「なんじゃこりゃ~」状態。
印籠もあんまり出ないし、黄門さまは険しいお顔のときもあるし・・・(けっこう恐い)。
助さん格さんの担ぐ駕籠から振り落とされる黄門様!
敵を欺く作戦とはいえ、橋の上から弥七に川へ突き落とされる黄門様~!(えっ、ええっ!)
「いかにも、剣術できます」とは見えないお姿での、杖での立ち回り、すごいわあ~黄門様!!
(助・格よりもタフで無敵、このお爺さん、スゴイっっっ!!!)

「もう51分だよ、解決するのかあ~」(再放送はCMが多い)と心配してたら、
急展開で、「そうきたか・・・。」めでたしめでたし、だったり。
悪役の忍者は、「サスケ」や「カムイ」から抜け出てきたようなお顔だし。
あら、「死に神博士」の方もでてらっしゃるのだわ・・・。やっぱり怖いわ~このお方、というお話もあれば、
あら、「モロボシ・ダン」の人は、やっぱりいい役だ・・・というときもある。
驚いたのは、赤い煙と共に出現した忍者の手の指からミサイルが!!
みんなで大爆笑してしまった。
こんなに娯楽色の強いお話もあったのね・・・。
旦那さんは「こりゃ、赤影だ~」と。

もう十数年観てなかった月曜夜の「水戸黄門」、
メンバーが様変わりしてるから、
お決まりのはずの印籠シーンが、懐かしいのに新鮮です。
今回の悪役忍者は毎回妖術使うのだけど、
再放送の指ミサイル「バンバン」を観てるものだから、
「次は?どんな?」と、間違った期待をしてしまっている・・・。
そのうえ、第三勢力(?)の剣士の「チェスト~!!」のかけ声を
「おっ、来た来た。」と、みんなで待っていたりする。
(「チェスト~」と聞くたびに、わたしは「イナズマン」の歌を口ずさんでしまうのだけど・・・)

「偉大なるマンネリ」といわれたりするようですけど、
久々に観て面白いなと思うし、
「シンケンジャー」を観ていた息子にとって、「チャンバラ」と着物姿は興味津々、カッコイイらしい。

今日の朝刊に、次回シリーズから配役交代との記事が掲載されてましたね。
「水戸黄門」を観て「面白いな~」と思う若い世代が増えたらいいのになあ。
そして、もっと「チャンバラ」時代劇が元気になるといいなあ、
などと思う今日この頃です。






o
スポンサーサイト



[2010/05/28 14:54 ] | テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |